連盟双書 第119集

連盟双書「119集」


基礎・基本の確実な定着を目指したが学習指導の工夫

◆自ら考え、意欲的に学習する児童の育成 -算数科における問題解決的な学習過程の工夫を通して-
太田市立毛里田小学校
◆自ら調べ考える子どもの育成 -地域素材・学習過程に着目して-
高崎市立西小学校
◆小学校における基礎・基本の確実な定着を目指した学級経営と学習指導 -日常の活動を大切にした実践を通して-
藤岡市立第一小学校
◆児童一人一人が生きる学習指導の工夫
    -社会科・生活科を中心とした外部講師とのティームティーチングによる指導方法
伊勢崎市立北小学校
◆自ら考え意欲的に取り組む児童の育成  -数学的な考え方を育てる支援の工夫を通して-
伊勢崎市立殖蓮小学校
◆自ら考え進んで学習する児童の育成  -コンピュータ等の活用を通して-
昭和村立大河原小学校
◆音楽活動の楽しさを感じ、生き生きと表現する児童の育成 一基礎・基本を大切にした指導の工夫-
前橋市立総社小学校
◆自ら考え、表現する児童の育成 一算数科における個に応じた支援の工夫を通して-
館林市立美園小学校
◆自ら課題をもち、学習に取り組める児童の育成 -課題をもたせるための支援に着目して-
桐生市立川内北小学校
◆自ら進んで学習に取り組む生徒の育成 -生徒一人一人の興味・関心や特性を生かした学習指導を通して-
高崎市立大類中学校
◆基礎学力の向上を目指した授業の創造 -生徒の実態に即した指導方法の工夫を通して-
水上町立水上中学校
◆基礎・基本の定着と自己教育力の育成を図るTT -1年理科の実践を通して-
安中市立第一中学校
◆基礎・基本の確実な定着をめざす授業改善の工夫 -「生命を支えるしくみをさぐる」理科の学習を通して-
中之条町立西中学校